月刊マスコミ市民 2009.8 特集:NHK番組改変問題とBPOの役割

月刊マスコミ市民 NHK番組改変問題とBPOの役割

Add: obagoxem74 - Date: 2020-12-09 03:14:51 - Views: 5898 - Clicks: 5154

12月号 特集 決定!日本放送文化大賞 グランプリ・準グランプリ〔テレビ〕 山口放送/毎日放送 グランプリ・準グランプリ〔ラジオ〕 CROSS FM/朝日放送 審査講評(テレビ=三品貴志/ラジオ=猪岡 慶) •【座談会】戦後70年の年に何を伝えられたのか 吉岡 忍 × 森 達也 × 石井 彰 ●テレビ番組のネット配信と著作権 ――「TVer」スタートに寄せて 日向 央 •連載 テレビドラマ変革の証言史~制作者は現状をどう切り拓いてきたのか 第8回 ドラマのTBS(中)~それぞれの変革の歩み こうたきてつや •シリーズ ローカルラジオ最前線 結婚・子育てをラジオが応援!――開局30周年の社会キャンペーン! エフエム群馬 森田藍子 「あなたのとなりに置いてください」ユルく楽しく双方向で 四国放送 北尾好孝 ほか. 放送時評/川本裕司 ほか. nhk低線量被ばく問題番組bpo審議要求詳細(pdf) nhk低線量被ばく番組文字おこし(pdf) nhk/bpo参考資料ー2(pdf) 瓦礫受入れ拒否運動チラシ@富山(pdf) (12/6/28) 放送倫理・番組検証機構(bpo)の放送倫理検証委員会に提出: エネルギー会 SNW 月刊マスコミ市民 2009.8 特集:NHK番組改変問題とBPOの役割 eee会議 の有志137名. 10月号 •特集 平成27年日本民間放送連盟賞 入選作品・事績一覧 部門・種目別審査講評 最優秀受賞のことば. 特定秘密保護法と「知る権利」右崎正博 2.

拉致問題はなぜ解決しないのか~いつまで続く被害者・家族のつらい日々~ 石高健次 3. Author:JA1NUT 関東の片田舎在住の一介の元小児科医。夢想していたリタイアを、年4月に実現。年にはパートの仕事も辞めた。. シリーズ わたし流番組論仕込みなしのロケから物語を紡ぎ出す村上徹夫 2.

11月号 •特集 ふたりの巨人 その肩の上へ <永六輔さん、大橋巨泉さんの功績> 信念とアイディアが放送を創る――永・巨泉の衣鉢を継ぐ 石井 彰 優れた「ジャーナリスト」であり「エンターティナー」 隈元信一 極楽浄土のおふたりへ 奥山侊伸 特集:NHK番組改変問題とBPOの役割 <放送人が語る思い> オンエア番組はすべて“生放送” 遠藤泰子 グルメなしの旅番組――人と人をつないだ永さん 荻野弘樹 「新しいラジオのあり方」 つボイノリオ 心優しくて弱い、弱いからこそ強い 道上洋三 噂供養・永六輔さんのこと 上原直彦 永さんに学んだ「負けない心」 土橋正道 完璧主義と予定調和を破る精神 山本雅弘 ばらえてぃ「永六輔を送りまSHOW」リポート 豊田拓臣 <おふたりが残したものと放送のこれから> 「おばさん」と「おじさん」を演じたしたたかな「青二才」 太田省一 テレビ型の大橋巨泉さんとラジオ型の永六輔さん 高堀冬彦 テレビ揺籃期を駆けたふたりの軌跡から学ぶべきこと 飯田 豊 ●連載 テレビドラマ変革の証言史~制作者は現状をどう切り拓いてきたのか 第14回 テレビ東京ドラマの反骨精神(上) こうたきてつや ●連載 もっと. 先日も今までの経緯の概略をお伝えしました日テレ「バンキシャ」虚偽報道問題ですが、このたびようやく検証番組が放送されました。まずは報道から引用してみましょう。久保前社長が改めておわび=「バンキシャ!」誤報で検証特集-日テレ(年8月23日時事通信) 日本テレビの報道番組. 毎日新聞 年8月22日 東京夕刊 で <放送倫理・番組向上機構(BPO)は10日、NHKの番組改変問題をまとめたブックレット「『ETV戦争をどう裁くか第2回問われる戦時性暴力』委員会意見とNHKの見解」を発表。. 9月号 •特集 いま伝えたい戦後70年 「終わらなかった戦争」を掘り下げる 札幌テレビ放送 眞鍋浩史 リスナーと作った「戦後70年企画」 TBSラジオ&コミュニケーションズ 三条毅史 樹木希林と旅せば 東海テレビ放送 阿武野勝彦 今につながる「戦後70年」を!. 特集 平成24年日本民間放送連盟賞 受賞作品・事績一覧 部門・種目別審査講評 最優秀受賞のことば 2.

12月号 特集Ⅰ 第12回日本放送文化大賞 グランプリ・準グランプリ〔テレビ〕 東海テレビ放送/広島テレビ放送 グランプリ・準グランプリ〔ラジオ〕 ニッポン放送/中国放送 審査講評(テレビ=瀧澤文那/ラジオ=本間英士) ●特集Ⅱ バリアフリーと向き合う 「感動ポルノ」「優生思想」を超えて――メディアの可能性を考える 武田 徹 「障害者」を伝えるメディアの課題――「壁」を取り去るために 望月麻紀 多様性を認め合う社会――パラリンピック報道・福祉番組の現場から 熊田佳代子 「化ける」障害者スポーツ報道――パラアスリートから見えるこの社会生島 淳 ●シリーズ ローカルラジオ最前線 ラジオが生んだ信頼関係――『イエローラインあなたとつながり、この歌が生まれた』 エフエム山陰 角 秀一 中高生の放課後をラジオが盛り上げる――『とりまラジオ』 大分放送 松井督治 ●連載 テレビドラマ変革の証言史~制作者は現状をどう切り拓いてきたのか 第15回 テレビ東京ドラマの反骨精神(下) こうたきてつや ●短期集中連載 ラジオの学校~私たちが、永六輔さんから学んだこと<第1回>石井 彰 ほか. 月刊マスコミ市民 NHKと民放でつくる放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は28日、 従軍慰安婦を特集したNHK教育テレビの番組改編問題について「公共放送の自主・自律を危うくし、 視聴者に疑念を抱かせた」などと総括する意見書を公表した。. ラジオへの高い評価・信頼が顕著 木村幹夫 ほか. 2009.8 本書は著者、原寿雄氏が12年前に同じ岩波新書として出版した『ジャーナリズムの思想』の続編として書かれたものである。全体をとおして、この十余年のジャーナリズムの潮流と問題点を言葉の本来的意味でラジカル(根源的)に問い直すとともに、現状批判に終わらず、とかく空気のように. 【巻頭言】 経営トップに聞く ラジオ好きをもっと育てたい! 檜原麻希 社長 特集Ⅰ ▼ 「表現の自由」という不自由 いま表現を伝える者が知るべきこと 川端和治 乱暴で粗雑な“言動”に怯むな 武田砂鉄 封じられるのは何か ——不愉快さと疲れ、安直さを越えて 鈴木涼美 身勝手で誤った「擁護論」への疑問 伊藤高史 実名報道批判を乗り越えるために 津田正太郎 桐生悠々に学ぶ「個」として闘う覚悟 黒崎正己 謂れなき火の粉を払うには 斉加尚代 無自覚に狭め続けているのは誰か 森 達也 体験的知識がなければ、ただの情報に過ぎない 吉岡 忍 単発 ▼ラグビーワールドカップ 日本大会の興奮を届けて 渡辺卓郎 特集Ⅱ ▼ 「新4K8K衛星放送」2年目へ BS日本 山田和輝 BS-TBS 坂本 望 BSフジ 菅野達也 BS朝日 有賀史英 BSテレビ東京 澤井伸之 日本放送協会 落合 淳 放送サービス高度化推進協会 石田 昭彦 単発 ▼米国放送事情 “インプレッション”の採用相次ぐローカルテレビ局 津山 恵子 連載 ▼ 塚田祐之のメディアウォッチ 新たな視聴指標を求めて 塚田 祐之 連載 ▼ 飯. 年3月NHK経営委員に就任、年7月委員長代行者、年2月退任NHKについて「日本の社会が成熟市民社会へと構造転換を遂げる、そのために NHKの果たす役割は決定的と思う」と述べている. . 東京高裁のすばらしい判決が最高裁によって覆されたNHK番組改編事件について、「放送倫理・番組向上機構」(BPO)に設置された「放送倫理検証委員会」が9日、改編の過程に放送倫理上の問題があった可能性があるとして、審議入りを決めた。若い人の中には、もうこの問題をリアルタイムで.

不払いと政治介入・・・NHKが抱える難題 七瀬恭一郎. 放送時評/川本裕司 ほか. シリーズ 記者たちがみた大震災 赤平 直 野口信博 4. シリーズ ソーシャルメディアと放送 15万人を“集客” 番組SNSの効果――テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』 大信田雅二/山本名美 3.

See full list on j-ba. NNNドキュメントで見る現代日本――「観るプロ」とのコラボで大学授業 谷原和憲 2. この書籍は、 年9月に開催された集会「NHK番組改変事件~何が残された問題か」5時間の記録です。 第1部 そのとき何が起こったのか ~担当者に聞く~ 永田浩三氏 長井暁 氏 聞き手 戸崎賢二(放送を語る会).

ゴールデンウィークを前にすばらしいニュースが続いている。弁護団の一員だったNHK番組改編事件では、最高裁の「トンでも判決」に打ちのめされてきたが、本日(4月28日)、BPOが素晴らしい決定をした。産経によると、【旧日本軍のいわゆる「従軍慰安婦」問題を特集したNHKの番組が放送前. プライム「4割改編」日本テレビの挑戦 丸山昇. シリーズ ソーシャルメディアと放送 ソーシャル連携で拓くローカル発信の可能性――コミュニケーション中心に考える 藤代裕之 4. マスコミ研究会のウェブサイト、放送専門速報紙『日刊合同通信』バックナンバーのページです。 年4月 放送法改正案・「180条規定」が問題視. •経営トップに聞く 毎日放送 三村 景一 社長 •特集Ⅰ どこへ行く? 公共放送 NHK・民放「二元体制」の今後̶̶問われる自主・自律への切磋琢磨 民放にとってのNHKとは ネット同時配信の可能性に期待する <NHKへの直言> 二元体制の未来 それは民主主義そのもの •BBC改革の行方 BBC理事会設置、Ofcomの規制下に̶̶ポスト受信許可料体制も視野に? ●連載 日本列島作り手探訪(第2回) ひるまない精神 •特集Ⅱ いま届けたいドラマ <座談会>テレビドラマづくりの現在̶̶SNS時代の変化と不変 時代とともに変化するテレビドラマの視聴スタイル <脚本家・池端俊策さんインタビュー>日常を生きる人への眼差し ●連載 ラジオお悩み相談(第1回) 低落傾向の聴取率 どうすれば上がりますか? ●連載 フロンティア↔温故知新(第1回) ネットではなく街を見よ ●連載 テレビドラマ変革の証言史(第18回) NHK、地域発ドラマの拡充(上) ●連載 テレビ人 この言葉、あの言葉(第2回) 記録というものは「読み人知らず」であってはいけない ●連載 ラジオの学校~私たちが、永六輔さんから学ん. その後の年、nhkは2つの番組でこの「戦時性暴力」問題を経た結果として、nhkの姿勢の輪郭を浮かび上がらせることになる。大型ドラマ「坂の上の雲」と「アジア“一等国”シリーズ 台湾の植民地政策」である。.

わたし流番組論 松本貴子 ほか. 0 ——玉音放送から玉顔放送へ 佐藤 卓己 ●連載 日本列島作り手探訪 北海道はドラマチック 隈元 信一 『笑点』と日本の笑い ——桂歌丸さんを偲んで 太田 省一 ●特集Ⅱ 「ヘイト」にあらがう ヘイトスピーチ規制の経緯と放送人にとっての課題 山田 健太 保育. 放送時評/碓井広義 ほか. “伝え続ける”地元局の使命 藤井 尚弘 海外からの地域密着の挑戦 ——新潟とベトナムを結ぶASEAN支局 玉木 正晴 地域の過去と今をつなぐ ——シリーズ「あれから」の取り組み 北尾 美和 「囲い込み」よりも「オープン」の時代 ——媒体を超えた共同調査報道を 伊東 英朗 地方から発信する放送ジャーナリズム ——芸術祭賞受賞番組から 石井 彰 社会の「分断」の前に放送ができること 荻上 チキ ●中高生のテレビ番組視聴の現在 ——BPO青少年委員会調査から 菅原 ますみ ●連載 日本列島作り手探訪 「他人事」ではない 隈元 信一 ●シリーズ 放送から見る平成史 「放送経営」三たびの危機を乗り切ったが. 11月号 •特集 「公正・公平」は誰のために 風化するはずもない福島でメディアの物差しを考える 佐藤 崇 圧倒的なの時代のなかで 金平茂紀 「テレビとは何か」を考え続ける 阿武野勝彦. 8月号 特集Ⅰ 戦争を識る、伝える 歴史に学ぶメディアのあり方――〈送り手〉と〈受け手〉の相互理解を 保阪正康 「戦争」イメージの貧困を乗り越えて――いま求められる平和教育とは 佐藤卓己. 特集 放送局の海外展開 ブランド・エンターテインメントで世界へ――海外番組販売総論 内山 隆 国際共同製作で被災地の現状を海外発信 広山卓志 フォーマット販売=文化融合ビジネス 吉田尚子 火花散るアジア海外番販市場――激化する国際競争を勝ち抜くために 木村昭仁 ウチナーンチュ精神で道を拓く 山里孫存 ローカル局も自信を持って海外展開を 吉田敏江 ドキュメンタリー国際共同制作 日本から世界へ! 今村研一 2. シリーズ 記者たちがみた大震災 鈴木みちえ 高長大樹 4.

この記事または節には、複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 独自研究が含まれているおそれがあります。 年2月にタグ付け 日本中心に書かれており、世界的観点からの説明がされていないおそれがあります。. 12月号 特集 第7回日本放送文化大賞 審査講評(テレビ=神山征二郎/ラジオ=林 和男) グランプリ・準グランプリ受賞のことば 1. 放送時評/碓井広義 ほか. 特集 放送局の災害対策 メディアの責任としてのBCPとは 山村武彦 災害時、放送継続のために 菊田正弘 社内体制の整備と周囲との連係 柴谷 徹 首都圏大地震への備え 國分幹雄 発災直後のロジスティクス対策 鈴木裕貴 防災に必要な想像力と創造力――新社屋移転を4年後に控えて 大脇一生 想定外を想定する 下村裕明 1.

【巻頭言】▼ 経営トップに聞く 「一樹百穫」の精神で、100年企業目指す 桑田 茂 社長 特集 ▼ いまeスポーツが熱い! そもそもeスポーツとは何か——遊びを共有する楽しさ 加藤 裕康 チームと番組でeスポーツを広げる 小林 大祐 3ステップの相乗効果で“eスポーツならテレ東”へ 藤平 晋太郎 eスポーツからラジオの価値向上を 柴田 篤 地域にeスポーツのコミュニティ、そしてカルチャーを 深谷 弘 地域団体設立で市場育成へ 三谷 隆司 動き出さなければ、何も始まらない 切通 啓一郎 「学生大会」にこだわり続ける 松友 大輔 今こそeスポーツの追い風に乗って 平岩 康佑 「平成」から「令和」へ ——時代の節目の日、テレビはどう見られたか 小松 結子 シリーズ ▼ 放送から見る平成史〈最終回〉 テレビCM CMは自粛の時代から脱却できるか 星野 裕 連載 ▼ 日本列島作り手探訪 番組に力があるわけは 隈元 信一 「人物」と「作品」の関係 どう受け止めるか ——芸能人の薬物問題と、その対応から考える 香月 孝史 オウム真理教報道とテレビ ——同時代記者110人インタビュー調査から 村. 月刊「文藝春秋」の兄弟誌的な存在で、保守系論壇を代表する雑誌の一つ。 福田恒存氏、山本七平氏などの著名な論客が寄稿した。 同社や日本雑誌協会によると、年には約8万部だったが、昨年の平均発行部数は6万数千部に落ちていた。. ── 永田さん自身も、年の番組改変事件の当事者でした。 永田:保守派の歴史修正主義勢力は、1990年代後半から、慰安婦問題や南京事件を記述した中学・高校の歴史教科書を標的にし、削除を求め、次々に実行されていきました。.

●連載 経営トップに聞く 放送ビジネスを再構築 横井 正彦 社長 ●特集Ⅰ 番組審議会をどう活用するか 番組審議会の意義と活用のあり方 宍戸 常寿 番組審議会に関わる放送法改正の概要 民放連 番組・著作権部 時代とともに変わる役割 朝本 香織 × 柴﨑 敦子 いかに地域を良くするか ——制作者とは違う視点で 山浦 愛幸 番組審議は「passion」「mission」「action」 中村 萬里 現場と議論を共有するには 原谷 守 “問題番組”にどう対応すべきか 鈴木 嘉一 番審という制度を意味あらしめるもの 難波 功士 第三者側に立つことで見えるもの 下村 三和 ●シリーズ 放送から見る平成史 平成ニッポンの世論と輿論2. 本日、NHKのOBや放送ジャーナリストら個人、団体が連名でBPO放送倫理検証委員会に対し、ETV番組改変問題の検証を求める以下のような申し入れを行うことになった。私も賛同者に加わった。*************************************************BPO放送倫理検証委員会 御中 NHK「ETV」改変事件の真相究明へ. 特集 テレビ60年を語る 座談会「いまこそ、テレビの魅力を語ろう」 是枝裕和(映画監督)/金平茂紀(TBSテレビ)/土屋敏男(日本テレビ放送網) 鈴木嘉一 社長流番組論 未来へ伝える 鎌田英樹(IBC岩手放送) ふるさとへの郷愁を誘う番組を 糠澤修一(福島テレビ) テレビ的原点と夢と 早河 洋(テレビ朝日) スタジオに風は吹かない! 大橋武紀(新潟総合テレビ) 運命の赤い糸 大石幼一(中部日本放送) 家族そろって 河内一友(毎日放送) 夢から生まれる. ── 永田さん自身も、年の番組改変事件の当事者でした。 永田:保守派の歴史修正主義勢力は、1990年代後半から、慰安婦問題や南京事件を記述した中学・高校の歴史教科書を標的にし、削除を求め、次々に実行されていきました。次の標的になったのが. 報道(ほうどう、英: Report)とは、ニュース・出来事・事件・事故などを取材し、記事 ・番組・本を作成して広く公表・伝達する行為であり、言論の一種である。報道を行う 主体を報道機関という。報道の媒体をメディアと呼ぶ。. 改正著作権法の注意点――「写り込み」と「違法ダウンロード刑事罰化」 日向 央 2. シリーズ テレビ60年/テレビ中継回線事業の歴史 1. 話を戻して・・・ 8年前のNHKの「慰安婦」の番組を巡っての、朝日新聞とNHKのバトルの模様。とか放送法のこととか、BPOの意見書の.

連載 海外メディア事情 金山 勉 6. わたし流番組論 庄田真人 5. シリーズ ソーシャルメディアと放送ソーシャルとテレビの「美味しい」関係柳内啓司 3. 拡がるフォーマット販売・共同制作 小野理理 3. ―nhk「問われる戦時性暴力」番組改変問題を通して: 記録 浅野 健一 8.オルタナティブメディア・コミュニケーションの可能性と問題点の再考 ―遠隔地コミュニティ間のサイバーコミュニケーション実践の事例から: 記録 水島 久光. 木村 幹夫 ●特集Ⅱ ハラスメントに向き合う セクシュアルハラスメントと日本のメディア ——不透明な日本の取材現場 林 香里 組織内で本気のジェンダー教育を 谷岡 理香 米社会がセク. 特集Ⅰ 第8回日本放送文化大賞 審査講評 (テレビ=土屋渓/ラジオ=加藤タキ) グランプリ・準グランプリ受賞のことば 2.

9月号 •特集 アイドルを探せ! 職業になったアイドル――テレビ、現場、そしてコミュニティ 太田省一 テレビから遠く離れて――「現場」時代のアイドルをいかに映すのか 香月孝史 新規リスナーの入り口にすべき――アイドルとラジオの親和性 豊田拓臣 初音ミクが変えたクリエイティブの仕組み 柴 那典 ローカルアイドルを育む――民放局は新たな関係を 森永卓郎 •視聴率中心のドラマ評価を超えて 宇佐美 毅 •未来を考え、次世代に伝える――『現代ジャーナリズム事典』を編集して 飛鳥勝幸 •シリーズ ドキュメンタリーわが視点 地方から「タブー」に物申す 安川克巳 •シリーズ わたし流番組論 ひとつの音楽のように佐伯和歌子. 9 am10:50~ 放映) 石巻市役所における活動について「あの日を胸に」で放映 (NHK仙台放送局. •経営トップに聞く RKB毎日放送 井上 良次 社長 •特集Ⅰ BCP̶̶災害に耐える力を いざというときに役立つBCPにするために <民放各社の取り組み> 大規模災害に備える̶̶“命を守る”ために 被災地の教訓を真摯に学ぶ 大規模災害への備えに「ゴール」はない 津波による浸水への備え̶̶南海トラフ地震への対応と課題 <民放で活躍する「防災士」> 住民参加型の訓練を提案 意味を理解し伝える •九州北部豪雨災害̶̶福岡・大分リポート ローカル局の総合力が問われる災害報道 大規模災害時に地元局が伝えるべきこととは ●連載 日本列島作り手探訪(第3回) 継続は力なり •特集Ⅱ 次世代ラジオファンを探せ <座談会>「今、面白い人」をパーソナリティに̶̶『オールナイトニッポン』50年の歴史を活かす 若いリスナーを獲得するために̶̶大阪深夜放送全盛期をヒントに 中高生リスナー獲得に向けた試行錯誤̶̶ローカル局の注目番組から ●連載 ラジオの学校~私たちが、永六輔さんから学んだこと<第7回> 聴取者電話参加番組の草分け『全国こども電話相談室』 ●連載 飯舘村に吹く風(第2回) 避難指示解除で変. 毎日が単館上映って感じよ。毎月送ってもらってる番組表も楽しみでさ。 2月に特集されてたポーランドの巨匠、クシシュトフ・キェシロフスキ監督のドラマ「デカローグ」も全部録画させていただきましたよ。第一話のあの子ども! 特集 放送で使うことば 1. mamo&39;s 日録メモ風の更新情報 坂本衛 年1月~3月 ここでは、サイトの更新情報を逐一記していくほか、日録メモもなるべく毎日掲載。. .

21 月刊日本 ハーバー・ビジネス・オンライン 3月1日の衆議院本会議で提出された根本厚生労働大臣の不信任決議案において、小川淳也議員が行った趣旨弁明の演説が、nhkによって本人の言葉を一切紹介されることなく、悪意ある. 毎日新聞 年8月22日 東京夕刊で <放送倫理・番組向上機構(BPO)は10日、NHKの番組改変問題をまとめたブックレット「『ETV戦争をどう裁くか第2回問われる戦時性暴力』委員会意見とNHKの見解」を発表。. 特集Ⅱ ネット時代の選挙と報道 1. 《座談会》政治介入にさらされるテレビに今、問われるもの 月刊マスコミ市民 2009.8 特集:NHK番組改変問題とBPOの役割 ばばこういち×服部孝章×砂川浩慶. 特集Ⅱ 「いじめ」報道の課題 問題の本質を検証する姿勢を――大津中学生自殺事件を受けて 渡邊淳子 取材対象との信頼関係と報道の公共性のはざまで 寺島宗樹 なにより求められる「冷静さ」 山本一宗 3. 海外メディア事情/金山 勉 ほか.

渡辺興二郎(山口朝日放送) 全国に地域情報を発信 河田正道(南海放送) 東京オリンピック1964年 酒井 武(福岡放送) 地方の豊かさがトレンディ中村耕治(南日本放送) こんな番組を見たい、つくりたい! もっとヤンチャに、もっと深く 河野 啓(北海道放送) 知性のある暴れん坊 藤村忠寿(北海道テレビ放送) テレビの力 江頭恭二(日本テレビ放送網) 楽しくなければテレビじゃない 石川綾一(フジテレビジョン) 池上式「経済番組」のミカタ 進藤隆富(テレビ東京) 雨が降ったら 岸本達也(静岡放送) 大晦日 齊藤潤一(東海テレビ放送) 「虚構テレビ」 森 貴洋(毎日放送) 「哲学」はみえるか 佐々木 聰(山口放送) 楽しいテレビを、いつまでも青木隆子(鹿児島テレビ放送) 1. 18 pm6:10~ の情報番組「てれまさむね」内). 12月号 •特集Ⅰ 災害への備え 「災害リスク」をどう伝える――情報系番組の役割と可能性 桶田 敦 「報道のミスマッチ」を生まないために――丹波豪雨災害から 室﨑益輝 •特集Ⅱ 決定 ! 日本放送文化大賞 審査講評 (テレビ=関川夏央/ラジオ=山口晶子) グランプリ・準グランプリ受賞のことば •時代を作った元祖テレビ屋――井原髙忠さんを偲んで 恩田泰子 •海外メディア事情/金山 勉. 愛川欣也パックインジャーナル の(3)nhkに第三者機関が「自主・自律を危うくする」と意見 のレポートです。(前記事の続き)「nhk教育テレビ『etvシリーズ戦争をどうさばくのか』第2回「問われる戦時性暴力に関する意見書」を手に持った吉岡忍氏-bpo委員の吉岡忍氏がbpoとは自主的な機関. 年12月8日放送の『たかじんtv非常事態宣言』(読売テレビ)番組内において選択的夫婦別姓の導入を認めろと執拗にアピール。 a: 和久峻三 わく しゅんぞう: 推理作家。弁護士。護憲派。. シリーズ 記者たちがみた大震災 加藤洋司 尼﨑拓朗 5. 特集Ⅰ 平成25年日本民間放送連盟賞 1. 特集 第9回日本放送文化大賞 1.

nhkで長く働いておられた永田浩三氏が「月刊日本」の取材を受け、それをhbolが掲載している。少し長いが、nhkの現状を知るうえで大切な情報だ。 以下、引用~~~ なぜnhkは政権による嘘と誤魔化しに加担するのか<永田浩三氏> 3/21(木) 8:32配信 harbor business. 特集Ⅰ ▼ 2019年日本民間放送連盟賞 グランプリ・準グランプリ受賞結果[ラジオ・テレビ] グランプリ・準グランプリ審査講評[ラジオ] 佐々本浩材 グランプリ・準グランプリ審査講評[テレビ] 橋本 亮 【部門・種目別審査講評】 〈番組部門〉 ラジオ報道番組 石井 彰 ラジオ教養番組 洞口 依子 ラジオエンターテインメント番組 嶋 浩一郎 ラジオ生ワイド番組 亀渕 昭信 テレビ報道番組 城戸 久枝 テレビ教養番組 竹内 洋 テレビエンターテインメント番組 鏡 明 テレビドラマ番組 ペリー荻野 〈CM部門〉ラジオCM(第1種・第2種)/テレビCM 谷口 優 〈技術部門〉 民放連・企画部 〈特別表彰部門〉青少年向け番組 やすみりえ 放送と公共性 水島 久光 【入選作品・事績一覧】 英国の放送事業者によるネット配信への取り組み ——その現状と課題 木村 幹夫 特集Ⅱ ▼ 東京パラリンピックと共生社会 問われる心のバリアフリーと果たすべきメディアの役割 二宮 清純 “みる、支える”の環境づくりが広がるために 増田 明美 お互いの違いを認め、活かし合う社会に 豊田 拓臣 連載 ▼ 日本列島. 民放もアーカイブの公開・活用を!丹羽美之 1.

●連載 経営トップに聞く 地域の情報発信強化を活路に 箕輪 幸人 社長 ●特集Ⅰ 放送ジャーナリズムの可能性 テレビの信頼はどこから来るのか ——共感メディアとしてのテレビ 渡邊 久哲 被災者とともに.

月刊マスコミ市民 2009.8 特集:NHK番組改変問題とBPOの役割

email: qudom@gmail.com - phone:(639) 937-3932 x 1145

7日でできる!SPI[頻出]問題集 高橋の就職シリーズ 2020 - 就職対策研究会 - 国民修養会 家訓大辞典

-> ポピュラー音楽とアカデミズム - 三井徹
-> 心への問いかけ - 中西朗

月刊マスコミ市民 2009.8 特集:NHK番組改変問題とBPOの役割 - ルール守って安全職場 ビルメンテナンス業編


Sitemap 1

Voice animage - Wook Sung 完全ガイド